アイデア探索に最も重要な要素

(以下、あくまでも私の体験からの私見です ※ブルグはそもそも私見を書く場ですが)


アイデア探索の活動は一にも二にも事実を知ることから始まると思います。

いわゆる顧客調査は全てこれに当てはまると思いますが、ただ事実を集めただけではなかなかアイデアを出すきっかけには至りません。

事実を自分なりに解釈し、問題、課題を見つけ、解決すべき方向性を考える、この段階まで来てアイデア出しのきっかけをつかめるようになると思います。


日々の生活で触れる事実の一つにニュースがありますが、例えばそのニュース一つとっても、ただニュースを聞いて、共感する、感動する、嘆く、だけではなく、何が問題でその解決はどうすれば良いのか、を考えることで自分なりのアイデアが出てくるはずです。

もちろん自分が解決しないといけない問題や課題であると感じるものでないと解決への意欲が湧きませんので、意欲が湧かない問題や課題はそもそもアイデア出しのきっかけを得るところまでたどり着きません。


アイデア探索会では誰かのためになる商品やサービスのアイデアを見つけることを想定していますが、参加者自身が意欲を持って解決したいと思う問題、課題を見つけることを第一に行います。

そして解決策を見つけるステップへと進むべきだと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000