解決策の検討の流れ(=アイデア探索)

(以下、体験に基づく私見)  


問題、課題を見つけた後は、商品企画の場に限らず日常生活でも、知恵と工夫で解決策を練り、状況を改善していくことになると思います。

 

その解決策ですが、Aが駄目だからBをする、という対症療法的な対策を取る方法があります。

これは今すぐ解決しないといけない問題、課題に対しては有効かと思います。

しかし、もし新商品の企画の場面では対症療法的な対策では恒久的な解決策にならないことがあります。


せっかく先行商品やサービスがあることで見つかった問題、課題です。

それをヒントに恒久的な解決策を探れば競争力のある、従来品とは違う新商品の企画にたどり着くかもしれません。


その恒久的な解決策を見つける方法ですが、これにはいろいろな流儀、方法があると思います。

私が好きな方法は、見つかった問題や課題の本質を考え(これを概念化すると呼んでいます)、それを解決する策を従来品に囚われず自由に具体的に考えていく方法です。


問題や課題の本質を考えるとはどういうことかというと、少し乱暴に流れを書くと下記のイメージです。

例えば、鉛筆の芯が折れやすいという不満を感じる事象があったして、なぜ折れたら不満なのかを探っていく過程を取り上げました。

  ■問題/課題 

  芯が折れる

  →早く鉛筆を買い替える必要がある

  →鉛筆を買うためにお小遣いが早く減る(解決すべきこと) 

 ■解決策

  ・鉛筆の低価格化で1本の費用負担を減らす

  ・折れない芯を鉛筆に使って鉛筆の買い替え回数を減らす

  ・鉛筆よりも長く使える別のペンを作り買い替え回数を減らす


問題や課題を概念的なことに置き換えていくと、いろいろな切り口、アイデア出しのきっかけが見つかりやすくなります。

ひらめき力の高い人であればこのような流れは頭の中で瞬間的に過ぎ去っていくのかもしれませんが、私にはそのような能力が無かったため、このような過程を経ることが新商品の企画を作る際に有効でした。

さらに、この過程を他の人と一緒に行うと、自分の頭の中には無い引き出しからアイデアが出てきて、より多くの候補からより優れたアイデアを選択できるようになります。

この流れの中でアイデア出しを行う際、私はいわゆるブレインストーミングを使っていますが、それを意見の言い合いで終わらせず、建設的かつ効果的な場にするために有効なアプローチだと感じています。

0コメント

  • 1000 / 1000